子宮筋腫とは、どのような病気なのでしょう? 子宮筋腫というのは、子宮の筋肉部にできる良性の腫瘍のことを言います。 子宮筋腫ができる原因はハッキリとは分かっていませんが、女性ホルモンが関係していると考えられています。 良性の腫瘍ですから、余程のことがなければ特に問題があるというわけではありませんが、悪性の腫瘍と同様に、放置していると徐々に大きくなるのが一般的です。 特に、女性ホルモンが活発な時には、成長する傾向があります。 逆に、閉経を迎えた女性は、筋腫が徐々に小さくなる傾向があるということがわかっています。 俗にがんと呼ばれる悪性腫瘍は、年齢を重ねるにつれて発症の可能性が高まるものです。 でも、子宮筋腫の場合は、閉経を迎えると発症率が低くなります。 30〜40代前後の若い女性の方が多く発症することからも、がんとは違った発症メカニズムがあると考えられているのです。 子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、腫瘍が大きくなって腹部に膨満感を覚えたり、筋腫が原因の何らかの症状が出た場合には、手術で取り去ることもあります。 しかし、中には、筋腫ができたことに気づかぬまま、一生を終える女性もいるでしょう。